IT技術がこれだけ私達に豊かさ、便利さを与えてくれていることからも分かるように、IT技術とはとても有益なものです。
世界で見ても保守的である日本でも、最近では様々な業界の企業が自社にIT技術を導入しようと検討しているようです。IT技術が得意とするものは単純作業をミスなく速くこなすことです。組まれたプログラム通りに動くのでそれさえ間違えなければ人間など足元にも及ばないほどの活躍をします。医療現場などでは紙カルテではなく電子カルテを導入するところも増えています。

IT技術を導入する多くの目的はコスト削減に繋がるものですが、最初の初期投資で莫大な資金が必要になります。ですので導入したからには元をとってさらに利益を出さねば導入する意味は無いのです。

しかし、そこに関してはたとえ経営のプロでも判断しかねるところなので、こうしたときにはIT技術にも経営にも知識があるITコンサルタントという存在の出番になります。ITコンサルタントはIT業界ではみんなが憧れる立場であり、給料も高いし地位も高いです。

しかしそれだけ仕事が難しく大変だということも言えますが、それでもやりがいや自分の経験にもなるのでいい仕事だと思います。IT技術のことにも、依頼された企業のことにもその業界のことにも詳しくなければならないので日々勉強の日々ではありますが、その企業の経営方針などにも関わることになるのでとても重要な仕事です。
これからの時代はさらにこのITコンサルタントが活躍する時代になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です